サプリメント

コエンザイムQ10やDHAの驚くべき効果~健康を支えるサプリ~

健康成分を含む食品

お腹

健康診断などでコレステロール値が高いと医師に忠告された人は、コレステロール値を下げる食事を心掛ける必要があります。食事には、コレステロール値をあげる食事と反対に、コレステロール値を下げる食事もあります。善玉コレステロールを多く含む食事を心掛け、コレステロール値を下げましょう。コレステロール値を下げる食品として最も注目されているのが「青魚」です。青魚にはDHAやEPAが配合されています。血液をサラサラにする成分として有名ですが、これらは悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きもあります。そのため、青魚を毎日食べることを意識するとコレステロール値が下がります。しかし、青魚が苦手な人や生活習慣の都合上、毎日青魚を食べるのが困難な場合はサプリメントからDHAやEPAを摂取しましょう。

レシチンには、悪玉コレステロールを取り除き善玉コレステロールを活性化させる効果があります。そのため、コレステロール値を下げる成分としてレシチンも注目されています。レシチンを多く含む食事は主に大豆や卵黄です。とはいえ、卵にもコレステロールが豊富に含まれています。そのため、レシチンは大豆製品から摂取するのが好ましいといわれています。納豆や豆腐、投入などからレシチンを摂取しましょう。また、コレステロール値はクエン酸から下げることも可能です。クエン酸には血中に含まれるコレステロールを抑制する効果があるので、高いコレステロール値を徐々に下げることができるのです。これらの成分は全てサプリメントから補うことが可能です。日々の食事にサプリメントを取り入れるだけでコレステロール値を手軽に下げることができるのです。